MENU

腰の痛みで日常生活にも支障が出ているなら…


腰痛を引き起こす不良姿勢

腰痛 姿勢

 

日常生活のなかで、自分が悪い姿勢になっていることを自覚するときはありませんか?
たとえば、こんなシチュエーションに思い当たらないでしょうか。

 

  • 歩いているときに下を向いていて、歩幅は狭くすり足歩行になっている
  • 電車内で座席の前の方に座ってもたれかかり、背中が丸くなっている
  • 職場でデスクに座ってパソコン等で作業をしているときに、
  • 肩が丸まって首が突き出ている

 

pic2.png

 

 

以上のような悪い姿勢を「不良姿勢」と言いますが、
これが腰痛の原因のひとつになっています。

 

 

フラットバック

腰痛を引き起こしやすい代表的な不良姿勢が、「フラットバック」です。

 

フラットバックとは、体を横から見たときに、
脊柱がまっすぐになっている状態を指します。

 

youtsuu1.jpg

 

 

脊柱はまっすぐでなければならないというイメージがありますが、
それは正面や真後ろから見たときの話です。

 

 

横から見たラインがS字状にカーブしているのが、脊柱の理想的な状態です。
S字状は重力による体重の負荷を適度に分散してくれるからです。

 

youtsuu2.jpg

 

 

フラットバックの人の場合、体の重さによって椎間板の摩耗が早くなったり、
変形しやすくなったりして、腰痛につながることがあります。

 

フラットバックを改善するには、まず椅子に座っているときの姿勢から見直しましょう。

 

まず、椅子に深く腰掛けます。
そして、骨盤がイスに丁度当たるところに折りたたんだタオルを敷いておくと、
自然な脊柱のS字カーブが維持できます。

 

 

ストレッチで姿勢を正す

大臀筋とハムストリングス(下肢後面の筋肉群)のストレッチも有効です。
大臀筋とは、ヒップの膨らみにあたります。
ハムストリングスとは、太もも内側あたりにある筋肉群です。

 

これらの筋肉が硬くなっていると、骨盤が後ろに傾いて、
腰椎のS字カーブが維持されなくなります。

 

脊柱が横から見たときに背中から腰までまっすぐになってしまうので、
これを防ぐために大臀筋・ハムストリングスをストレッチしてほぐしていきましょう。
簡単なストレッチ法を紹介します。

 

 

腰掛に座って、片方の足首を反対側の膝にのせてください。
のせた方の足首と膝に両手を置き、膝側は軽く肘で押さえます。
そのまま、約5秒かけて徐々に上半身を前に倒していきます。
今度は、足を組み替えて@〜Bの動作を繰り返します。

youtsuu3.jpg

 

 

各足で10〜20回ずつ行ってください。


 

 

痛みの改善メソッド 人気ランキング

※こちらはストレッチ系の腰痛改善商品です。サプリで改善したい方はコチラ。


腰の痛み

腰痛改善ストレッチ「福辻式」の特徴

人気No.1の腰痛改善マニュアル。累計販売数1万本、販売期間5周年突破! 治療歴30年以上、東洋医学の権威・福辻先生が教える身体の根本から改善ができるトレーニング。

アフターサポートについて

近日中に返金保証制度が終了する予定なので、購入を検討している人はご注意を!

腰の痛み

中川式腰痛治療法の特徴

価格は少し高めなものの、サポート体制が良く、筆者の実績はバツグン(元阪神タイガーストレーニングコーチ、女子プロゴルフ教会トレーナー、数多くの書籍販売)。50万人を治療した経験をまとめたDVDメソッド。

アフターサポートについて

  • 90日返金保障付き
  • 紛失保障付き
  • 90日間中川氏本人によるメール、電話カウンセリング付き

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVDの特徴

穴吹整形外科クリニックの院長・穴吹弘毅(あなぶき こうき)が教える専門DVDマニュアル。1日3分で腰痛が改善する極秘のメソッド。

アフターサポートについて

  • 180日間 全額返金保障付き
  • 本人による無期限・無制限メールサポート付き

キヨミからのアドバイス
基本的には、人気が高く、価格もリーズナブルな「福辻式」でいいと思いますが、アフターサポートが少し弱いので、しっかりしたサポートがほしい方は「中川式」をオススメします。